はらクリニック TEL 0172-36-1112

■2017/10/20(金)
 診療受付時間変更のお知らせ

当分の間、診療受付を下記時間とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 平日:午前:  9:00~11:00
    午後:15:00~17:00

 土曜:午前:  9:00~11:00
    午後:13:00~14:00


診療時間

※土曜日は13:00~15:00となります。
休診日:日曜日・祝日

メールでのお問合せはこちら

一般皮膚科

にきび

料金はこちら

にきび

にきびは出現する場所によって原因が違います。額は精神的ストレス、こめかみは便秘、ほほは食事、あごはホルモンの乱れなどが原因となり、使う薬も変わってきます。塗り薬は朝は抗生物質、夜は毛穴のつまりを除くディフェリンゲル(保険適用)を使います。最近、ベピオゲル、デュアックゲルなど有効な外用薬も発売になりました。女性のあごのにきびにはクラシエの十味敗毒湯。にきび後遺症のシミには、内服とハイドロキノン、赤みにはレーザー照射【保険適用】、あばたにはピーリング【自費】を行います。にきびのできにくい生活習慣指導も行っています。

肝斑

料金はこちら

肝斑

女性ホルモンの減少によって起こる、両下眼瞼の左右対称のシミです。ビタミンC、E、ハイチオール、トランサミンの内服。CoQ10、ハイドロキノン、アスタキサンチン等の外用。ケミカルピーリング(自費)。噂のメドライト C6 レーザー(自費)をお試しあれ。

爪水虫

料金はこちら

爪水虫

内服が第一選択です。毎日飲む薬と、1ヶ月に1週間だけ集中して飲む薬の2種類があります。内服のできない患者には塗る爪水虫の薬クレナフィンの外用を行います。爪水虫は、家族に水虫を移す原因です。早く治しましょう。

脱毛症

料金はこちら

脱毛症

円形脱毛症、男性型脱毛症(AGA)と女性の薄毛があります。円形脱毛症はリウマチと同じく自己免疫の過剰ストレスが原因なので、内服薬、外用剤、液体窒素、半導体レーザーで治療します。AGA は、プロペシア、ザガーロ(自費)の内服が有効です。女性の薄毛は、ホルモン療法、漢方薬、プラセンタが有効です。

ケロイド

料金はこちら

ケロイド

ケロイドは、けが、深いやけど、手術、ニキビ、ピアスなどの後に出現する赤くて硬い塊です。リザベンの内服、ステロイドの外用・注射、手術、レーザー照射(保険適用)などで治療します。

多汗症

料金はこちら

多汗症

手掌、足底、脇の3ヶ所は緊張性発汗部位です。自律神経失調症、漢方薬の内服、アルミニウム製剤の外用、イオントフォレーシス(自費)、 自律神経節切除(他医紹介)などの治療法があります。ボトックス局所注射が保険適用になりました。【自己負担円】

アトピー性皮膚炎

料金はこちら

アトピー性皮膚炎

抗ヒスタミン剤、漢方薬、ステロイド外用剤、非ステロイド性外用剤、タクロリムス軟膏、保湿剤、亜鉛サプリメントなどで治療します。難治性のアトピー性皮膚炎は水虫の仲間のマラセチアが関与していることがわかってきたため、抗真菌剤が著効します。

やけど

料金はこちら

やけど

やけどをした時は先ず冷やしてください。最低でも10分、できれば休み休み30分は冷やしてください。靴下は無理に脱がさないように。赤くなるだけの1度熱傷は外用剤のみ。水疱ができる2度熱傷は、内服と外用剤。カイロ、湯たんぽ、ストーブの噴出し口での低温熱傷は予想以上に深く3度熱傷のことも。必ず病院に来てください。

水イボ

料金はこちら

水イボ

水イボは、ひっかくことによって中のカプセルが破れ、周辺にウィルスをまき散らして数を増やします。治療は塗り薬か全てをピンセットで取りますが、無麻酔だと激痛で子供たちはパニックです。これがトラウマとなり、さわらせてもくれません。当院では、レーザー照射用の麻酔を30-60分塗ってから取りますのでほとんどの子供たちは笑顔でやらせてくれます。

漢方薬

料金はこちら

漢方薬【保険適用】

湿疹、にきび、しみ、イボ、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、冷え性、しもやけ、皮膚乾燥、皮膚掻痒症、肥満症、むくみ、多汗症、更年期障害、顔のほてり、肝斑、円形脱毛症、帯状疱疹後神経痛、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、風邪症候群、アレルギー性鼻炎、頭痛、こむら返り、ステロイドの減量等は漢方薬が有効です。

帯状疱疹後神経痛

料金はこちら

頑固な痛みに新発売のリリカが有効です。